読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダッチデザインと風車、そしてパリへ|アムステルダム -4日目-

f:id:eily:20161224210309j:plain

2016年5月1日。
今日は、アムステルダムからパリへ向かう日。
空港行きの電車に向かう途中。
本当にアムステルダムの街は、どこもかしこもデザインに溢れてる。

f:id:eily:20161224210314j:plain

f:id:eily:20161224210319j:plain


スキポール空港について、パリ行きの飛行機まで5時間弱。
締めくくりにチューリップを見ようと、世界最大のフラワーパークでもあるキューケンホフ公園へ向かうバスの停留所へ行くと・・・なんと信じられないほどの長蛇の列。
そう、曜日の感覚がなかったけど、今日は日曜日。
家族連れも、カップルも、友達同士も、みんなチケットを握りしめて並んでる。

チケットすら持ち合わせていなかったこともあり、潔く諦めて、他に行ける場所を探して、急遽、リーケル風車(Riekermolen)へ向かうことに。
▶︎ Google Map

 

オランダ鉄道でRAI駅まで行き、そこからバスに乗り継いでNieuw Herlaerを下車。
5分くらい歩くと、アムステル公園に到着。
空に広がる美しい青色と、一面の野原の緑色と、存在感のある風車がひとつ見えてくる。
天気がよかったこともあって、最高のロケーション。
中心部からそんなに遠くないので(30分くらい)、気軽に行けてとってもオススメ。

f:id:eily:20161224210337j:plain

よくここでスケッチをしていたレンブラント銅像も。

f:id:eily:20161224210422j:plain


公園内にあるレストランでランチ。
自転車に乗る人、ジョギングをする人、犬の散歩をする人。
のんびりとしたアムステルダムの日曜日の風景が、ただ、そこにある。

f:id:eily:20161224210508j:plain

f:id:eily:20161224210525j:plain


空港へ戻らなければならない時間が近づいてきた。
ふわっと心地よい風が吹いて、木の葉っぱたちが揺れて、太陽の光と戯れる。
まるで、私に向かって「バイバイ、またね」と話しかけてくれているように。

f:id:eily:20161224210517j:plain

f:id:eily:20161224210544j:plain

 

またバスと電車を乗り継いで、空港へ向かう。
駅構内のデザインひとつひとつに、足が止まる。
形も、色も、バランスも、わくわくするものばかり。

f:id:eily:20161224210555j:plain

f:id:eily:20161224210602j:plain

f:id:eily:20161224210609j:plain


電車から見えるビルや建物も。

f:id:eily:20161224210618j:plain

 

というわけで、アムステルダムにさようならを告げて、いざパリへ。 

f:id:eily:20161224210629j:plain


 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

"あなたを愛してると伝えて"というタイトルの、フランスの女優/歌手のヴァネッサ・パラディの1990年の楽曲。(作詞はセルジュ・ゲンズブール
異国の車窓からの景色との相性が抜群。人恋しい気持ちになります。
アムステルダムに後ろ髪を引かれつつ、憧れのパリへ。

今回はじめてPVを見たけど、当時"フレンチ・ロリータ"と呼ばれていた17歳の彼女の、子供と大人の狭間を漂う感じがたまらない。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Vanessa Paradis - Dis-Lui Toi Que Je T'Aime