読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イースト・ロンドン|ロンドン -2日目 PART2-

イースト・ロンドンにあるブリック・レーン(Brick Lane)通り。

f:id:eily:20160528180939j:plain

壁という壁が、ストリートアーティストによるグラフィティで埋め尽くされ、世界各国のレストランやバーが立ち並び(東南アジア系が多い)、古着屋がいくつも連なる通り。
今まで歩いたロンドンの街のイメージとは、また印象ががらっと変わる。
クリエイティブな匂い。
歩いてる人たちもおしゃれな若者が多い。

 

こじんまりした古着屋でネックレスを買った後、ラフ・トレード(Rough Trade)へ。

f:id:eily:20160528181004j:plain

www.roughtrade.com

Larry Heardのアルバム”Another Side”が流れる店内。
入ってすぐ左側にコーヒーカウンター、手前にレコード、奥にCD、さらに奥には小さめのイベントスペースがある。
東京のレコード屋と比べると広い感じがした。

ラフ・トレード・レコード(Rough Trade Records)は、レーベルの財政をバンド解散まで支えていたザ・スミスThe Smiths)や、他にもアーサー・ラッセル(Arthur Russell)、アズテック・カメラ(Aztec Camera)、ベル・アンド・セバスチャンBelle & Sebastian)、日本のプラスチックスPlastics)が在籍していたこともあるレーベル。
そこにいるだけで、ポストパンク、オルタナティヴ・ロック、そこから派生するすべての音楽を通じて、“イギリスっぽい”質感を生で感じられる悦び。 


結局、わざわざロンドンで買わなくてもよい新譜を2枚ほど買った後、たまたま通りかかった、CLOSE-UPというカフェで一休み。

f:id:eily:20160528180928j:plain

www.closeupfilmcentre.com


本とDVDがずらっと並ぶ店内。
どうやら映画上映もしているカフェらしく、そのラインナップは、ルイス・ブニュエル(Luis Buñuel)、アキ・カウリスマキ(Aki Kaurismäki)、ロマン・ポランスキーRoman Polanski)、イエジー・スコリモフスキ(Jerzy Skolimowski)など、錚々たる面々。

f:id:eily:20160528181217j:plain

店員の女の子も、来ているお客さんも、流れている音楽(おそらく、なにかしらの映画のサントラ)も、テーブルに置いてある多肉植物も、すべてのバランスがパーフェクト。
ロンドンに行くことがあれば、何度でも通いたい場所。

 

さらに北へ行き、ショーディッチ(Shoreditch)というエリアにある、とにかくおしゃれなエースホテル(Ace Hotel)を覗き見。

ja.acehotel.com

ずらっとレコードが並んだロビーをはじめ、オリジナルのグッズを販売するショップや、ギャラリー、バーやジムなどもある。
さらにホテルの部屋の中には、アンティークの家具や、レコードプレーヤーまであるらしい。
向かいにある中古レコード屋さんのシスター・レイ(Sister Ray)で買ったレコードを部屋に持って帰って、すぐ針を落として過ごすことができるだなんて!

ということで、残念ながらそのホテルには泊まることなく、折り返し。
プロジェクションマッピングされた壁に、ペイントしているところを眺めながら帰路。 

f:id:eily:20160528181545j:plain

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

以前、ラフ・トレード・レコードからリリースもしたことのある、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)の昨年の素晴らしいアルバム「Carrie & Lowell」より。
行きの飛行機の中の、ふわふわした時間を埋めてくれた一枚。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Sufjan Stevens - Carrie & Lowell