読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イースト・ロンドン|ロンドン -2日目 PART2-

イースト・ロンドンにあるブリック・レーン(Brick Lane)通り。

f:id:eily:20160528180939j:plain

壁という壁が、ストリートアーティストによるグラフィティで埋め尽くされ、世界各国のレストランやバーが立ち並び(東南アジア系が多い)、古着屋がいくつも連なる通り。
今まで歩いたロンドンの街のイメージとは、また印象ががらっと変わる。
クリエイティブな匂い。
歩いてる人たちもおしゃれな若者が多い。

 

こじんまりした古着屋でネックレスを買った後、ラフ・トレード(Rough Trade)へ。

f:id:eily:20160528181004j:plain

www.roughtrade.com

Larry Heardのアルバム”Another Side”が流れる店内。
入ってすぐ左側にコーヒーカウンター、手前にレコード、奥にCD、さらに奥には小さめのイベントスペースがある。
東京のレコード屋と比べると広い感じがした。

ラフ・トレード・レコード(Rough Trade Records)は、レーベルの財政をバンド解散まで支えていたザ・スミスThe Smiths)や、他にもアーサー・ラッセル(Arthur Russell)、アズテック・カメラ(Aztec Camera)、ベル・アンド・セバスチャンBelle & Sebastian)、日本のプラスチックスPlastics)が在籍していたこともあるレーベル。
そこにいるだけで、ポストパンク、オルタナティヴ・ロック、そこから派生するすべての音楽を通じて、“イギリスっぽい”質感を生で感じられる悦び。 


結局、わざわざロンドンで買わなくてもよい新譜を2枚ほど買った後、たまたま通りかかった、CLOSE-UPというカフェで一休み。

f:id:eily:20160528180928j:plain

www.closeupfilmcentre.com


本とDVDがずらっと並ぶ店内。
どうやら映画上映もしているカフェらしく、そのラインナップは、ルイス・ブニュエル(Luis Buñuel)、アキ・カウリスマキ(Aki Kaurismäki)、ロマン・ポランスキーRoman Polanski)、イエジー・スコリモフスキ(Jerzy Skolimowski)など、錚々たる面々。

f:id:eily:20160528181217j:plain

店員の女の子も、来ているお客さんも、流れている音楽(おそらく、なにかしらの映画のサントラ)も、テーブルに置いてある多肉植物も、すべてのバランスがパーフェクト。
ロンドンに行くことがあれば、何度でも通いたい場所。

 

さらに北へ行き、ショーディッチ(Shoreditch)というエリアにある、とにかくおしゃれなエースホテル(Ace Hotel)を覗き見。

ja.acehotel.com

ずらっとレコードが並んだロビーをはじめ、オリジナルのグッズを販売するショップや、ギャラリー、バーやジムなどもある。
さらにホテルの部屋の中には、アンティークの家具や、レコードプレーヤーまであるらしい。
向かいにある中古レコード屋さんのシスター・レイ(Sister Ray)で買ったレコードを部屋に持って帰って、すぐ針を落として過ごすことができるだなんて!

ということで、残念ながらそのホテルには泊まることなく、折り返し。
プロジェクションマッピングされた壁に、ペイントしているところを眺めながら帰路。 

f:id:eily:20160528181545j:plain

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

以前、ラフ・トレード・レコードからリリースもしたことのある、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)の昨年の素晴らしいアルバム「Carrie & Lowell」より。
行きの飛行機の中の、ふわふわした時間を埋めてくれた一枚。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Sufjan Stevens - Carrie & Lowell

雲のカンバス|ロンドン -2日目 PART1-

f:id:eily:20160519234042j:plain

2016年4月25日、月曜日。
ロンドンの朝の空は、真っ白い曇が覆いかぶさっている。
その"白"が、景色をより際立たせているようにさえ見える。

f:id:eily:20160519234118j:plain

f:id:eily:20160519234130j:plain

駅でカフェラテとサンドウィッチを買って、ハイド・パークHyde Park)へ。
ハイド・パークと言えば、The Beatlesの1964年のアルバム”Beatles for sale”のジャケットの撮影場所だったり、The Rolling StonesPink FloydQueenなどのイギリスを代表するロックバンドのコンサートが行われたりもする場所。

f:id:eily:20160519234319j:plain

とにかく、広い。
その広さ、日比谷公園の約9倍。(方向を間違えたら戻るのが大変そう)
ちょこんと立つピーターパンの像を横切ったあと、中央にある湖には白鳥や鴨がすいーっと泳ぐ姿が見える。木々の上には本当にたくさんの鳥たちが歌を歌い、その下には追いかけっこをするリスたち。
絵本の中に入り込んだような光景。
公園内の歩道には、犬を連れた人やジョギングする人、小さい子供連れの家族や、ゆっくり散歩する老夫婦など、日常的なロンドンを垣間見ることができる。
私にとっての特別な時間が、少しずつこの空気に馴染んでいくのが、うれしい。

f:id:eily:20160519234400j:plain

f:id:eily:20160519234421j:plain

 

公園をしばらく歩いて、そのまま南へ。
ヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)、通称"V&A"へ移動。
ここは、今年の1月に亡くなってしまったデヴィッド・ボウイのドキュメンタリー映画「デヴィッド・ボウイ・イズ(David Bowie is)」の回顧展の舞台でもある場所。

www.vam.ac.uk

f:id:eily:20160519234602j:plain

ロンドンの美術館や博物館は、基本的に入場無料だから嬉しい。

f:id:eily:20160519234759j:plain

何世紀にも渡る王室のコレクションから、現代のアートカルチャー、ファッション、などの展示がずらっと並ぶ館内。こちらも、とにかく広い。
個人的には、世代別に展示されているジュエリーコレクションが印象的だった。(撮影禁止エリアなので写真はなし)
18世紀のオランダ生まれのヘッドドレス、19世紀のフランス生まれのブレスレット、そして、イギリス生まれのネックレス”Life Began in Water”など、挙げればきりがない。

collections.vam.ac.uk

f:id:eily:20160519234726j:plain

f:id:eily:20160519234736j:plain

f:id:eily:20160519234745j:plain

f:id:eily:20160519234823j:plain

f:id:eily:20160519234839j:plain

 

地下鉄でエンバンクメント(Embankment)駅まで行き、ハンガー・フィールド橋(Hungerford Bridge)でテムズ川を渡り、ヘイワード・ギャラリー(Hayward Gallery)へ到着。
ここはめずらしく、入場料が有料の美術館。その価値があるというので、やってきた。

f:id:eily:20160521012141j:plain

ところが、目の前に建物はあるのに、入口になかなか辿り着けない。
エントランスの矢印通りに進んでも、ぐるっと回って、さっき自分がいたところに戻ってきてしまう。

そこに、ちょうどカメラを首からぶらさげた、おなかの大きなおじさまが通りかかったので、声をかけてみると…どうやら、長い間、改装工事のために休館中とのこと。
公式サイトによると、2017年まではやっていないみたい。残念。

Hayward Gallery - Exhibitions | Southbank Centre

入口は塞がれているものの、その上の大きな壁に、奈良美智さんのポスターをスタッフの人たちが設置中。
「休館中はここのポスターが時々変わるんだよ」とさっきのおじさまが嬉しそうに教えてくれた。
その後、おじさまは無我夢中でパシャパシャと一眼レフのシャッターを切り出した。

f:id:eily:20160521013021j:plain

 

早々に気を取り直して、今度は、現代アートの殿堂、テート・モダン(Tate Modern)へ。
テート・モダン方面のバス停で待っている人たちの後ろに並ぶ。
ただ、いつまで待っても、バスが到着しない。
どうやら私たちが待っているバス停は、道路の工事の都合で、バスが止まらないらしい。(バス停にさりげなくメモが貼ってあったことにやっと気がついた)
待ちくたびれた私たちは、みんなでお話ししながら歩いて向かう。
アートの勉強をしているという、韓国人のかわいらしい女の子は、私と同じく、ヘイワード・ギャラリーで迷子になったらしい。
彼女は、ロンドンに来る前にパリにいたようで、ロンドンの街の綺麗さに感心してた。パリは、どうやら汚いらしい。
でも、東京はロンドンよりもっと綺麗だよね!と付け加えてくれた。
早朝の渋谷駅を思い出して「そうだっけ…」とうっすら思いつつ、ちょっと苦笑い。

f:id:eily:20160521013912j:plain

f:id:eily:20160521013923j:plain

個性的なビルが建つ街並みを抜けて、やっと到着したテート・モダン。

 

f:id:eily:20160521153218j:plain

99mの煙突を持つこの建物は、もともと一時的な発電所として作られたため、1981年時点ではすでに使用されておらず、取り壊し予定だった。(正確にいうと、1993年には、一部の取り壊しは進んでいた)
その後、国立美術館であるテート・ブリテン(Tate Britain)の展示・収蔵スペースが不足したときに、ここを使おう!ということになり、2000年に改造して今に至る。
テート・モダンとしては16年だけど、建物自体は半世紀以上の歴史があることもあり、とても人気のスポット。平日にも関わらず、かなり混雑していた。
クロアチア出身のアーティスト・Sanja Ivekovicに出会えたことや、以前日本で見たときに衝撃を受けた、ドイツの現代美術家Rebecca Hornの作品に再会できたのが心に残っている。
The フェミニズム

f:id:eily:20160521013955j:plain

f:id:eily:20160521014008j:plain

f:id:eily:20160521014024j:plain

 

テムズ川沿いを、ロンドン橋(London Bridge)を横目に、東に向かってしばらく歩く。
ブループリント・カフェ(Blueprint Cafe)というモダン・ブリティッシュ・レストランへ。

f:id:eily:20160521014116j:plain

www.blueprintcafe.co.uk

眺め最高、今が旬のアスパラも美味しく、スタッフの方もとても親切で、ほっと一息。

f:id:eily:20160521014127j:plain

そんな中、いかにもロンドンらしい、突然の強い雨。
ガラス越しに外を見てみると、傘をさしてる人は誰一人おらず、まったく構わずに(少なくとも私にはそう見える)そのままびしょ濡れになって歩いている。これぞロンドンスタイル、といった感じ。

 

レストランを出る頃にはすっかり雨はあがって、晴れ間がタワー・ブリッジ(Tower Bridge)の向こう側に見える。
どんよりした雲の下で、水色のラインが美しく映える。

f:id:eily:20160521014251j:plain


橋を越えると、ロンドン塔(Tower of London)が左側に見えてくる。

f:id:eily:20160521014308j:plain

かつては処刑場(しかも当時は一大見世物)だったこともあってか、非常に重々しい雰囲気。
一度止んだ雨もまた降り出してきたので、急いで地下鉄に向かい、次は北上。
今、ロンドンで最も注目されていると言われる"イースト・ロンドン"エリアにある、ブリック・レーン(Brick Lane)通りへ向かう。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

イギリスのミュージシャンであるDavid Bowieの1977年に発売されたアルバム「Low」。(レコーディングは、ベルリンで行われているのだけれど)
このアルバムのB面に収録された曲は、すべてインスト。
どの楽曲も、遠くに見える景色から、ゆっくりと、やさしく手招きをしてくれているようで、自分がまだ行ったことのない世界が目の前に広がっていることを教えてくれる。
私にとって、ロンドンという街そのものがそうであるように、
ポップなチャーミングさと、不確かな怪しさが共存する彼の存在もまた、その"世界"のひとつ。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

David Bowie - Weeping Wall

4月の冬|ロンドン -1日目-

2016424日、日曜日。
成田空港を10時半に出発。
オランダのスキポール空港経由で、同日、17時半に、ロンドンのヒースロー空港へ到着。
ヒースロー・コネクト(Heathrow Connect)という列車に乗って、ヒースロー・ターミナル4Heathrow Terminal 4)駅から、パディントンPaddington)駅へ。
パディントン駅とハイド・パークHyde Park)の間くらいに位置するホテルへチェックインして、夜のロンドンを少しお散歩。
厚手のスプリングコートでも、とっても寒い。
まだ、冬みたいなロンドン。
20時前だけど、空が明るい。

f:id:eily:20160516004408j:plain

世界で最も古いとされている、ロンドンの地下鉄へ。
呼び名は、サウブェイ(Subway)ではなく、アンダーグラウンド(Underground)かTube(チューブ)。
物価の高いロンドンは、もちろん地下鉄の運賃も高い。
エリアごとに金額の上限設定のあるオイスターカード(Oyster Card)を購入。
1日に何度か地下鉄に乗る場合は、こちらの方が断然お得。しかもバスでも使える。

ウェストミンスター(Westminster)駅を出ると、目の前にテムズ川River Thames)と大きく光る観覧車、ロンドン・アイ(London Eye)がお出迎え。

f:id:eily:20160516004428j:plain

そして、川沿いの階段を少しのぼると、あの有名な時計台、ビッグ・ベン(Big Ben)がライトアップされ、美しくそびえ立っていた。

f:id:eily:20160516004354j:plain

子供の頃に、何度も何度も繰り返し見ていた、ディズニーの名作「ピーターパン」。
ピーターパンが、ウェンディとジョン、マイケル、そしてティンカーベルと一緒に空を飛ぶシーンで登場する、あのビッグ・ベン
想像よりも遥かに大きいビッグ・ベンを見上げながら、子供の頃の自分と、今の自分をゆっくりとつなぎあわせていく。
時の流れを、こんな形で感じるとは思わなかったので、不思議な気分。
そして、その想いに応えてくれているかのように、ゴーンゴーンと、鐘がロンドンの街全体に鳴り響く。

そのまま、冷たくなった手をポケットに入れて、テムズ川沿いを歩く。

f:id:eily:20160516004504j:plain

トラファルガー広場(Trafalgar Square)~ナショナル・ギャラリー(National Gallery)~ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus))~リージェント・ストリート(Regent Street)経由で、オックスフォード・サーカス(Oxford Circus)駅まで、2kmくらいを一時間くらいかけて歩く。
ピカデリー・サーカスは、東京で言うと渋谷みたいな感じ。
その場所の象徴であるエロスの像(Eros)が待ち合わせ、その周りに大きなネオンがギラギラと光ってる。

f:id:eily:20160516004558j:plain

リージェント・ストリートは、曲線が見事なショッピング大通り。
昼間はもっと人で賑わってるんだろうな。

f:id:eily:20160516004619j:plain 

街中のレストランは次々閉店準備、人通りも徐々に少なくなっていく。
それもそのはず、気がついたら、もう23時近く。
帰りは、行きの赤色が目印のセントラル線(Central Line)ではなく、黄色が目印のサークル線(Circle Line)に乗って、ランカスター・ゲート(Lancaster Gate)駅からホテルへ。 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

いつ眠ってしまったのか思い出せないくらい、すとんと眠ってしまった、ロンドン、最初の夜。
イギリスのシンガーソングライターの、イモージェン・ヒープの1998年のデビューアルバムより。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Imogen Heap - Sleep

エイプリル・フール

はじめまして。
DJ Emeraldです。

ここでは、「Escape by Melody」《メロディによる逃走》と題して、
この世にある、あらゆるもの/こと/場所と、メロディ=音楽を繋いでいこうと思います。

エイプリル・フールの今日から、はじめます。
信じるか信じないかは、あなた次第。

そんな今日は、カーペンターズの「(They Long to Be) Close to You」(邦題:遥かなる影)や、ビートルズの「Baby it's you」など数々の名曲を手がけるバート・バカラックによる「The April Fools」を。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Burt Bacharach - The April Fools