ダッチデザインと風車、そしてパリへ|アムステルダム -4日目-

f:id:eily:20161224210309j:plain

2016年5月1日。
今日は、アムステルダムからパリへ向かう日。
空港行きの電車に向かう途中。
本当にアムステルダムの街は、どこもかしこもデザインに溢れてる。

f:id:eily:20161224210314j:plain

f:id:eily:20161224210319j:plain


スキポール空港について、パリ行きの飛行機まで5時間弱。
締めくくりにチューリップを見ようと、世界最大のフラワーパークでもあるキューケンホフ公園へ向かうバスの停留所へ行くと・・・なんと信じられないほどの長蛇の列。
そう、曜日の感覚がなかったけど、今日は日曜日。
家族連れも、カップルも、友達同士も、みんなチケットを握りしめて並んでる。

チケットすら持ち合わせていなかったこともあり、潔く諦めて、他に行ける場所を探して、急遽、リーケル風車(Riekermolen)へ向かうことに。
▶︎ Google Map

 

オランダ鉄道でRAI駅まで行き、そこからバスに乗り継いでNieuw Herlaerを下車。
5分くらい歩くと、アムステル公園に到着。
空に広がる美しい青色と、一面の野原の緑色と、存在感のある風車がひとつ見えてくる。
天気がよかったこともあって、最高のロケーション。
中心部からそんなに遠くないので(30分くらい)、気軽に行けてとってもオススメ。

f:id:eily:20161224210337j:plain

よくここでスケッチをしていたレンブラント銅像も。

f:id:eily:20161224210422j:plain


公園内にあるレストランでランチ。
自転車に乗る人、ジョギングをする人、犬の散歩をする人。
のんびりとしたアムステルダムの日曜日の風景が、ただ、そこにある。

f:id:eily:20161224210508j:plain

f:id:eily:20161224210525j:plain


空港へ戻らなければならない時間が近づいてきた。
ふわっと心地よい風が吹いて、木の葉っぱたちが揺れて、太陽の光と戯れる。
まるで、私に向かって「バイバイ、またね」と話しかけてくれているように。

f:id:eily:20161224210517j:plain

f:id:eily:20161224210544j:plain

 

またバスと電車を乗り継いで、空港へ向かう。
駅構内のデザインひとつひとつに、足が止まる。
形も、色も、バランスも、わくわくするものばかり。

f:id:eily:20161224210555j:plain

f:id:eily:20161224210602j:plain

f:id:eily:20161224210609j:plain


電車から見えるビルや建物も。

f:id:eily:20161224210618j:plain

 

というわけで、アムステルダムにさようならを告げて、いざパリへ。 

f:id:eily:20161224210629j:plain


 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

"あなたを愛してると伝えて"というタイトルの、フランスの女優/歌手のヴァネッサ・パラディの1990年の楽曲。(作詞はセルジュ・ゲンズブール
異国の車窓からの景色との相性が抜群。人恋しい気持ちになります。
アムステルダムに後ろ髪を引かれつつ、憧れのパリへ。

今回はじめてPVを見たけど、当時"フレンチ・ロリータ"と呼ばれていた17歳の彼女の、子供と大人の狭間を漂う感じがたまらない。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Vanessa Paradis - Dis-Lui Toi Que Je T'Aime

レンブラントと牧野邦夫、Redlight Records、De School、Sassy J|アムステルダム -3日目-

f:id:eily:20161215001024j:plain

アムステルダム3日目は、ランゲブルグ通りにある「De laatste kruimel」というパン屋さんから。
▶︎ Google Map

次から次へとお客さんが来る人気店。
パンはもちろん、キッシュやスイーツの種類もかなり豊富で迷っちゃう。
ひとつひとつのサイズも、とても大きい。

 

東方面へ運河をいくつか越えて、レンブラントの家(Museum Het Rembrandthuisレンブラントハイス美術館)へ。
▶︎ Google Map

その名の通り、画家のレンブラント1639年から20年間住んでいた家。
中に入ると、レンブラントに関連する絵画が壁という壁に展示されているのに加え、レンブラントが住んでいた当時のように再現されている。
家なのでさほど広くはないけど、イメージを掻き立てられる。

f:id:eily:20161215001036j:plain

f:id:eily:20161215001048j:plain

私の大叔父(おじいちゃんの弟)は、牧野邦夫という画家だった。(1986年没)
本人とは、小さい頃に数回会ったことがあるくらいだけど、ハンサムだったことをよく覚えてる。
邦夫おじちゃんは、レンブラントにかなり傾倒していて(レンブラント宛に書いた自分の手紙に対して、自作自演のレンブラントからの叱咤激励の返事を書くほど)オランダにも行ったこともあると聞いたことがあったので、自分の中でぐるーっと巡り巡る感覚があるのも含めて、感慨深かった。 

 

f:id:eily:20161215001100j:plain

シント・アントニースブレー通り(Sint Antoniesbreestraat)にはレコード屋さんや古着屋さんがいくつか並ぶ。
Bis Vintage For Womenという古着屋さんで、オレンジ色のタイトスカートを購入。値段も良心的。

 

そして、いよいよずっと楽しみだったRedlight RecordsIN。(詳細はひとつ前の記事で)
細い路地を抜けると、開けっ放しのドア。

f:id:eily:20161215001127j:plain

f:id:eily:20161215001136j:plain

こじんまりとした店内に、厳選された中古レコードがずらっと並ぶ。
7インチも、ほんの少しだけ。
私は一枚、Alice ColtraneのLP"Radha-Krsna Nama Sankirtana"を購入。

f:id:eily:20161224171726j:plain

こちらも値段は全体的に良心的。
ひとつひとつの価値がきちんと反映された金額。

f:id:eily:20161215001216j:plain

 

トラムに乗って、アムステルダム国立美術館Rijksmuseum Amsterdam)へ。
▶︎ Google Map

フェルメールレンブラントをはじめとした、17世紀のオランダの黄金時代の作品が充実しているこの場所は、オランダの中でも最大の規模の持つ美術館。
10年間の歳月を経て2013年にリニューアルオープンしたのもあり、館内はきれいに整っていてとても快適。
外の光が差し込む中央スペースも美しい。

f:id:eily:20161215001300j:plain

f:id:eily:20161215001226j:plain
「手紙を読む青衣の女」(166263 / ヨハネス・フェルメール

f:id:eily:20161215001254j:plain
「鍍金した酒杯のある静物」(1635 / ウィレム・クラース・ヘダ

それにしても、レンブラントの作品は、本当に邦夫おじちゃんの絵とそっくりだ。
邦夫おじちゃんは、心底、彼の作品を愛し、尊敬していたのだとつくづく感じる。

 

そのまま歩いてヨルダン地区にあるナイン・ストリート(De 9 Straatjes)へ。
▶︎ Google Map

f:id:eily:20161224160706j:plain

f:id:eily:20161215001323j:plain

小さな9つの通りに、ファッション、インテリア、コスメ、カフェなどお洒落なお店が立ち並ぶお洒落なエリア。
東京でいうと代官山とか中目黒とかそんな雰囲気。
外は明るいけど、時間帯的にはすでに19時近くなので、お店はほとんどやっていなかったけど、ウィンドウショッピングだけでも十分楽しめる。

f:id:eily:20161224160732j:plain

f:id:eily:20161215001348j:plain

 

そして夜は、今回一番楽しみだったと言っても過言ではない、De Schoolというクラブへ。
▶︎ Google Map
▶︎ De School WEB

中心部から少し離れたところにある、古い学校を改装した建物。
「学校だった」雰囲気は全体的に残しつつ、ところどころにデザインがほどこされていて、DIY感が味わえるとっても素敵な空間。
カフェやレストランも併設している。

f:id:eily:20161215001620j:plain

f:id:eily:20161215001637j:plain

ワインとおつまみでひとやすみしたあと、童心に返ったように無性にドキドキしながら、地下のメインフロアへ向かう。
真っ暗でよく見えなかったけど、廊下や階段、窓ガラスなど、学校だったときのものそのままだったと思う。
本当に空間として、パーフェクトな場所だ。

この日のゲストは、ロンドンのDJ/プロデューサーであるJoy Orbisonと、スイスのベルンを拠点にしている女性DJのSassy J。

f:id:eily:20161224163253p:plain

Sassy Jのプレイが、特に楽しみだった。
彼女のこのインタビュー(RA Podcast: RA.483 Sassy J)は、すごくシンプルにかつコンパクトにまとめられていて、お気に入りのひとつ。
世界でもっとも信頼出来る女性DJは、間違いなく彼女だ。

そして、この日の夜も、それをまったく裏切ることのない彼女のプレイに心を奪われっぱなし。
なんだかこう、一言ずつ、ゆっくり丁寧に、語りかけてくれているような。
彼女の作り上げる温度は、熱すぎず、ぬるすぎない。
彼女の作り上げる高度は、高すぎず、低すぎない。
踊れるのはもちろんのこと、非常に音楽的であることも大きな理由であることは言うまでもない。

De SchoolのDJブースは、360度、お客さんが回りこめるような、少しめずらしいつくりになっている。(とはいえ、前方以外にはあまりお客さんはいない)
ブースの後ろ側へ行って彼女が用意しているレコードをこっそり覗いていると、彼女が振り返って、声をかけてくれた。
「あら、今日Redlightにいたわよね?来てくれてどうもありがとう!」

 

実は、昼間に行ったRedlight Recordsで、Sassy Jに似た女性が訪れて、レコードを大量に試聴していた。
とても鮮やかな緑色のコートを着た女性は、結局1枚も買わずに、店員さんにごめんなさいね、と謝りつつ、随分と長居していた私たちににこっと笑って、お店を出て行った。

 

2016年4月30日。
私にとって、忘れられない、大切な1日。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今年、何十回と聴いた、Sassy JDJmix
音楽の旅へどうぞ。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

RA.483 Sassy J

西と東と、Red Light Radio|アムステルダム -2日目 PART2-

f:id:eily:20160807014632j:plain

オリジナルブランドと古着を取り扱う「JUTKA & RISKA〈ユッタク&リスカ〉」のディスプレイは、色ごとに区切られている。
▶︎ http://www.jutkaenriska.nl/
ひとつひとつがどれも個性的で、目移りしちゃう。色鮮やかなアイテムが多い。

 

高級ブランドが並ぶピーテル・コネリス・ホーフト通り(Pieter Comelisz Hofftstraat)を抜けたところにある、インドネシア料理店「SAMA SEBO〈サマ・セボ〉」でランチ。
▶︎ http://www.samasebo.nl/

f:id:eily:20160807014759j:plain

またしても、気がつけばもう18時近く。
外が明るいから、時間の感覚がまったくつかめない。
ランチタイムはすでに終わっていたんだけど、「しょうがないなぁ、特別だぞ!」といった感じで、伊武雅刀似の店員さん(おそらくインドネシア人)に、奥の方で唯一空いてるテーブル席へ連れて行ってもらう。
店内にはバーカウンターもあるんだけど、待ってる人がいるくらいお店は大盛況。
出てきたのは、伝統的なインドネシア料理。

f:id:eily:20160807014827j:plain

一言で説明するのはとってもむずかしいのだけれど、欧州の料理とは味付けが全く違って日本人の口にとてもあうのか、ものすごく美味しかった。

 

すぐそばにあるミュージアム・スクエア(Museumplein)という広場。

f:id:eily:20160807020033j:plain

閉まりかけのワゴンに出ていたワッフルとコーヒーを買って、ベンチに座ってひとやすみ。
ゆっくりした時間が、目の前に流れている。
自分という存在をあらためて確認する。
日々の生活がバタバタと忙しいと、つい忘れがち。

 

広場から続いているムセーウム通り(Museumstraat)は、アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)の建物の中を通っていて、歩道は両端、自転車道は中央。
歩いていると、ビュンビュンとものすごい数の自転車に乗った人たちが通り過ぎていく。

f:id:eily:20160807020554j:plain

f:id:eily:20160807020714j:plain

 

20時にもなれば、飲食店以外のお店はほとんど閉まっているので、今夜行く予定のクラブ「Canvas」へ行くまで、逆U字型にアムステルダムの街を練り歩く。

まずは、北西にある「Rush Hour Records」を通りから覗く。
▶︎ http://www.rushhour.nl/

f:id:eily:20160807020846j:plain

どうやら最近移転をしたらしく、アンダーグラウンド、という言葉からは想像できないほど、店内は広くてきれいそう。

f:id:eily:20160807020905j:plain

 

そのRush Hour Recordsから東へ歩いて、10分弱。
雰囲気は、渋谷のセンター街や新宿の歌舞伎町を思わす繁華街で、どこもかしこもワイワイガヤガヤしている。
ずんずんと人混みをすり抜けて行って、「旧教会(De Oude Kerk)」を囲むアウデーケルクス広場(Oudekerksplein)沿いにある「Red Light Radio / Records」へ到着。
外から見えるのは、Red Light Radioの方。
▶︎ http://redlightradio.net/

f:id:eily:20160807020943j:plain

オンラインラジオなので外には音が聴こえない。(てっきり外にも流れているものかと思っていた)
Red Light RadioのSoundcloudアーカイブをよく聴く私にとって、自分がその現場の前に立っていることはなんだか不思議な感じ。
▶︎ https://soundcloud.com/redlightradio

それは、学生のとき、スペイン坂スタジオ(TOKYO FM)に行ったときと同じ感覚。
(そのときから自分はやってることが変わってないのね)

このエリアはいわゆる「飾り窓地区」と言われる場所。
道路に面したドアはほぼ全面ガラス張りで、ひとつひとつ部屋が箱みたいに区切られている。
部屋の中は赤色で、その中に下着姿の売春婦がお客さんを待っている。
このRed Lightの隣にも、まさにその部屋が並んでいた。(というかむしろそのエリアでRed Lightがある方が不自然な感じ)

ただ、まだ営業時間前なのか(何度も言うけど、まだ空は明るい)、部屋の中で下着姿で焼きそばを食べていた女性と目が合ってしまい、なぜかお互い会釈をした。(ただの気のせいかもしれない)

 

しばらくその光景が忘れられないまま、Prins Heerlijk〈プリンスヒアレック〉でカフェラテを飲んで、
▶︎ http://www.prinsheerlijk.nu/

アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal Station)方面を眺めながら、今度は南東へ向かう。
22時過ぎれば、さすがにもう夜。
目的地のCanvas」は、中心部から少し離れている。
にぎやかだったエリアに背を向けて、住宅街の方へ。

f:id:eily:20160807022019j:plain

f:id:eily:20160807021913j:plain

 

1671年に造られた、現在アムステルダムで唯一の木造の橋となる、マヘレの跳ね橋(Magere Brug)を渡った後、ウェースペル通り(Weesperstraat)をひたすら歩き、ようやく「Canvas」に到着。

Canvasは、Volks hotel〈フォルクスホテル〉の中にあるレストラン・クラブ。
一階にはバーもあって、金曜日を思いっきり楽しんでいる人たちで賑わっている。
▶︎ https://www.volkshotel.nl/en/

エントランスを通ってエレベーターで7階へ。
中に入ると中央にバーカウンターがあり、周りはなんと360度ガラス張り。アムステルダムの街並みが一望できる。
いわゆる大音量で踊るような雰囲気ではないのだけれど、たまにフロアでふらっと踊っては、ちょうど友人も来たので外を眺めながらいろいろおはなし。
DJブースの上には、アンティークっぽいランプがいくつかぶら下がってた。

f:id:eily:20160807035407j:plain

おめあてのRush HourのRobert Bergmanは結局聴けず、結局深夜バスに乗ってうとうとしながらホテルへ。 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この約2週間後、日本が誇る音楽家であるXTALさんが、このRed Light Radioに出演。
しかも、日本の音楽(ジャパニーズ・ディスコ/ファンク/ソウル)のみの1時間半。
Red Light Radioでは大好きなmixがたくさんあるんだけど、やっぱりこれは日本人としてうれしい事件。
XTAL名義以外でも、Traks Boys、(((さらうんど)))、JINTANA & EMERALDSなど、どれも抜群にセンスのよい楽曲を生み出す彼は、尊敬する音楽家のひとりです。
はぁ、現場にいたかったなぁ。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

XTAL - Japanese Disco / Funk / Soul Mix on Red Light Radio 2016.05.14

ゴッホ美術館で見た、青い空|アムステルダム -2日目 PART1-

f:id:eily:20160613004531j:plain

2016年4月29日。
クロワッサン、チーズとハムと卵、フルーツがいっぱい入ったヨーグルト。
追加でつけた朝食のオプションに、大満足。
荷物を整理して、雨が降るグレー色のアムステルダムの街へ繰り出す。

 

雲の低さが、私とアムステルダムの街の距離を縮めてくれる。
突然降り出した雹(ひょう)は、私を歓迎してくれているサイン。
それくらい、街の雰囲気は穏やかさに包まれている。

f:id:eily:20160613005054j:plain

トラムに乗って、ライツェ広場(Leidseplein)まで行って、徒歩でゴッホ美術館(Van Gogh Museum)へ向かう。
相変わらず、通りかかるお店ひとつひとつに目がいってしまう。

f:id:eily:20160613005216j:plain


中心部のトラムの運行時間は間隔が短く、わりとすぐ次のトラムがやってきてとても便利。
駅によるけど、歩くのが好きな人なら、1〜2駅なら全然歩ける距離なのもまた魅力的。
(だから小回りのきく自転車を利用する人が多いんだなぁ、と納得。)

 

ゴッホ美術館に到着。
事前にeチケットを買ってあったので、行列に並ぶこともなくすんなり入館。▶︎ https://www.vangoghmuseum.nl/nl
※日本語サイトあり

f:id:eily:20160613005157j:plain

ゴッホ美術館は、その名の通り、オランダ南部出身の画家であるフィンセント・ファン・ゴッホの、世界最大のコレクションを収蔵している美術館。
ゴッホと言えば「ひまわり」や「夜のカフェテラス」で有名だけど、日本の浮世絵の影響も受けていることや、弟テオの存在が彼の中でとても大きいこと、ゴーギャンと過ごした時間と、耳切り事件、そしてその後の彼の生活と死に至るまでと、また、それらについて真実と、飛び交う様々な憶測、など、彼の一生を作品とともにしっかりと堪能することができる。日本語のオーディオガイドもある。

f:id:eily:20160613005501j:plain

f:id:eily:20160613005509j:plain

 中でも印象的だったのは、横長のキャンバスに描かれた「荒れ模様の空の麦畑(Wheatfield under Thundercloud)」という作品。
荒れ模様、と言っても、絵の半分以上は、少し湿った、でもあたたかみのある青い空が広がっている。
▶︎ https://www.vangoghmuseum.nl/en/collection/s0106V1962

 

私は、その一枚の絵の前でしばらく立ち尽くした。
その時点ではまだ、オーディオガイドはまだ聞いてなかったのだけど、作品を見た瞬間に、晩年のゴッホの孤独が強烈に伝わってきて、涙が止まらなかった。
それは、悲しみに満ちているわけでもなく、誰かに助けを求めているわけでもなく、心を平穏に保とうとするわけでもなく、ひたすら純粋な彼自身の心情が目の前に広がっている。言葉にするならこんな感じ。(結論、そう遠くない内容がガイドから流れてきた。)

部屋にポストカードを飾って、今でもその時の気持ちを思い出すことがあるけど、絵画はやっぱり、目の前で生で見るのが一番。
それ以上は、ない。

f:id:eily:20160613005959j:plain

 

すぐそばにある、アムステルダム市立近代美術館(Stedelijk Museum Amsterdam)やミュージアム広場を横切る。

f:id:eily:20160613010050j:plain

f:id:eily:20160613010035j:plain

f:id:eily:20160613010112j:plain

雨上がりに見る、色とりどりの花たちは一段と美しい。

f:id:eily:20160613010330j:plain

 

少し北西へ進んで、アムステルダム市街地で一番広いフォンデル公園(Vondelpark)へ。
ゴッホの余韻に浸りながら、のんびりお散歩。
大きな噴水のまわりには、小さな子供からご老人まで、みんな気ままな午後を過ごしている。

f:id:eily:20160613010500j:plain

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ロンドンのJonny Nashによる、息をのむ美しさの極上アンビエンス。 静寂の奥の、さらに奥の方に意識を向けると、オーロラのような薄い膜が浮かび上がっては消えていく…そんな感覚。
彼自身のレーベル「Melody As Truth」の1枚目がこの曲を収録した12インチで、先日セレクトしたSuzanne KraftのLPは同レーベルの3枚目。
次のリリースが待ち遠しい。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Jonny Nash - Retreat

Hallo, Amsterdam!|アムステルダム -1日目-

2016年4月28日。
さようなら、ロンドン!

f:id:eily:20160605013556j:plain

ヒースロー空港から、海を越えて、オランダのスキポール空港へ。

ターミナルを電車で行き来するヒースロー空港と比べると、とってもコンパクト。
迷うことなく電車乗り場まで辿り着き、アムステルダムの市営交通会社(GVB)が運行する、すべての公共交通機関(バス、トラム、地下鉄、フェリー)が乗り放題のトラベルチケット(3日間用)を購入。

f:id:eily:20160605013833j:plain

乗車時と降車時に、専用の機械にピッとタッチするだけ。チケットには路線図もついていて、とっても便利。

 

初日は、とりあえず目的もなく、街をぶらぶらお散歩。
もう、とにかく、目に映るもののひとつひとつが、すべてかわいらしい。

f:id:eily:20160605014046j:plain

f:id:eily:20160605014105j:plain

f:id:eily:20160605014114j:plain

f:id:eily:20160605014136j:plain

オランダ語は私にとってとても難解だけど、建物や看板の形や色は、とてもシンプルでわかりやすい。
丸みを帯びたフォントに、三角の屋根、四角い窓。
子供の頃に描いた絵が、そのまま現実になってる感じ。

 

アムステルダムの中心部は、扇の形をしていて、その扇の横方向にに5本の線を入れるように運河がある。
なので、ちょっと歩けばすぐ橋があって、運河が見える。
太陽の光が反射して、水面がキラキラと輝いて、街全体をデコレーションしているようで、つい見とれてしまう。

ただ、アムステルダムの道路は、歩行者専用と、自転車専用と、トラム(路面電車)兼車(バスも含む)専用と3つがあり、特に、自転車に乗っている人がものすごく多い。
なので、建物や運河に見とれて、自転車専用の道を歩いてしまう、ということが何度もあった。(そもそも私は東京でも、車線の中を歩くのが苦手なんだけど…)

 

通りかかったダム広場の前には、大きな移動遊園地。
60〜70年代は、世界中のヒッピーがここに集まっていたとかいないとか。

f:id:eily:20160605014558j:plain

 

夜ごはんは、オランダの伝統料理レストラン「Petit-Restaurant de Rozenboom」へ。
▶︎ http://derozenboom.com/

f:id:eily:20160605014632j:plain

f:id:eily:20160605014641j:plain

頼んだものが結局なんという料理なのかがよくわからないまま(食べたことのない味、というよりは、あまり味つけがされていなかった?)、中心部から少し離れたところにある、宿泊先の「Hotel Not Hotel」へ。
▶︎ http://www.hotelnothotel.com/

吹き抜けの大きなロビーにある小型のバスが宿泊スペースだったり、天井から椅子がぶら下がっていたり。(しかも実際に登って座ることができる)
部屋はどこも小さそうだけど、ユーモアに溢れた、とっても斬新なホテル。
バストイレは共同だけど、ただ寝るだけのシンプルな部屋って、「旅」という本質にあっている気もする。

f:id:eily:20160605015352j:plain

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

アムステルダムの運河に囲まれた街を歩いていると、この、ぷくぷくとした音が特徴的な”Bubble World”を思い出す。
2014年リリースのこのEPに出会った時は、ただただ、ドキドキしてた。
ヴァンクーヴァー出身のユニット、Pender Street Steppersによるもの。レーベル”Mood Hut”は、センスの光る作品が多い。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


Pender Street Steppers - Bubble World

ソーホーのレコード屋巡りと、ダルストンのお気に入り|ロンドン -4日目-

2016年4月27日、乾いた空気と眩しい太陽の光に包まれた、水曜日。
ちょっと遅めの朝食は、クイーンズ・ロード・ペッカム(Queen's Road Peckham)駅の下にある、Blackbird Bakeryにて。

f:id:eily:20160604163049j:plain
▶︎ http://www.blackbirdbakerylondon.co.uk/

日替わりで焼かれるパンが違うようで、種類もとっても豊富で美味しい。
大きなマグカップに入ったカフェラテと、とてもよく、あう。

f:id:eily:20160604163055j:plain

 


ロンドン・オーバーグラウンド(London Overground)に乗って、大きなもくもくした白い雲が浮かび上がる景色を見ながら、中心部へ移動。
歴史的建造物を見るのは、次週行くパリで、と決めているので、ロンドンでは、今の自分の生活に直接的な場所 /ものを求めて、まずは、レコード屋さんが密集するソーホー(Soho)エリアへ。

 

f:id:eily:20160604163230j:plain
Phonica Records
ダンスミュージック中心のレコード店。CD、Tシャツやバッグなども販売していたり、ソファーでゆったりすることもできる。
▶︎ http://www.phonicarecords.com

 

f:id:eily:20160604163240j:plain
Sister Ray
ロック全般が多い印象。
▶︎ http://www.sisterray.co.uk

  

f:id:eily:20160604163251j:plain
Reckless Records
1ユーロの棚から、帯付きの日本版のレアなレコードまで。ジャンルも多岐に渡る。
▶︎ http://www.reckless.com

 

f:id:eily:20160604163302j:plain
Sound of the Universe
細かく丁寧にジャンルわけされていて、こだわりのあるラインナップ。ソウル系が充実。
▶︎ http://soundsoftheuniverse.com

 

何枚かレコードを買った後、大英博物館のそばにある本屋さん「London Review Bookshop」へちょっとだけ立ち寄る。

f:id:eily:20160604163341j:plain
▶︎ http://www.londonreviewbookshop.co.uk

ジャンル別に様々な書籍がきれいに並べられており、現地の書籍をチェックするにはとてもよさそう。

 

通りを曲がったところで、たまたま見つけたティールーム「Tea and Tattle」でひと休み。

f:id:eily:20160604163412j:plain
▶︎ http://www.teaandtattle.com/


一階は、東洋系、アフリカ系の本やポストカード、お面などの雑貨が並び、喫茶店は、地下一階。1908年からある老舗。

f:id:eily:20160604163353j:plain

ストロベリー&ブラックペッパージャムと、マイルドなクリームチーズがのったイギリス定番のスコーンは、甘すぎないクラシックな味。シンプルでとっても美味しい。
セットで、ふわっと香ばしいアールグレイの紅茶(ティーカップ約4杯分)ととてもよく合う。

f:id:eily:20160604163448j:plain

f:id:eily:20160604163458j:plain

繁華街の中は「Fish&Chips、まだ食べてないの?それなら、うちのお店へおいでよ!」と言わんばかりの看板があちこちにあったけど、ここはゆっくりとした時間が流れている。

 


バスに乗って、一気に北東方面へ。
到着したダルストン(Dalston)エリアは、イースト・ロンドンの北側にあり、”自分が欲しいものは自分で見つけるスタンス”というような雰囲気。観光地っぽさはない。

f:id:eily:20160604165741j:plain

可愛らしい古着がディスプレイされている「Here Today Here Tomorrow」は残念ながら定休日。

f:id:eily:20160604165710j:plain
▶︎ http://www.heretoday-heretomorrow.com/


「Eldica」は、ファンク、ソウルが多めの中古レコード屋さん。
リカちゃん人形みたいなかわいい金髪のポニーテールの女の子がやってきて、店員のおじさんにいろいろ質問してた光景はとても微笑ましかった。

f:id:eily:20160604165726j:plain
▶︎ http://www.eldica.co.uk/


クラブ「Dance Tunnel」を通り過ぎる。

f:id:eily:20160604165803j:plain
▶︎ https://www.residentadvisor.net/club.aspx?id=72435
Pender Street Steppers、 Huerco S.など、日程があえば行きたかったイベントがいくつか。


チェーン店のリサイクル・ファッション・ショップ「Traid」は、日本でいうモードオフみたいな感じ。掘り出し物があればラッキー。

f:id:eily:20160604170652j:plain
▶︎ http://www.traid.org.uk/shop-at-traid/


そして、今回ロンドンでもっともお気に入りの古着屋さん「Pelicans & Parrots」

f:id:eily:20160604170722j:plain
▶︎ http://pelicansandparrots.com/
代官山の古着屋さん「slow」にも少し雰囲気は似ているんだけど、もっと野性的な感じ。
▶︎ https://www.instagram.com/slow_daikanyama/

店内に並ぶアイテムはもちろん、店員さんのジョークも最高。奥の方まで歩いていった甲斐があった。


麻製のトップスと、パイナップルのオブジェを買って、来た道を戻り、さっき行った「Eldica」のななめ向かいにあるレストラン「White Rabbit」へ。
▶︎ http://www.whiterabbitdalston.com/
ミランダ・カー似のとってもキュートでフレンドリーな店員さんが、外が見えるガラス越しのカウンター席へ、優しくエスコートしてくれた。

f:id:eily:20160604171219j:plain

後ろのテーブルには、レコードが無造作にばさばさっと置いてある。
シンプルなのにどれもひとひねりきいたメニューは、白ワインにとてもよくあう。

f:id:eily:20160604171240j:plain

f:id:eily:20160604171250j:plain

19時過ぎだけど、外はまだ17時みたいに明るい。
目の前にはJAZZ BARもあるし、もっと暗くなったら、この通りはもっと賑やかになるんだろうな。


夜は、ロンドンに来たら絶対行こうと決めていたライブスペース「Cafe OTO」へ。

f:id:eily:20160604171425j:plain
▶︎ https://www.cafeoto.co.uk/

店内で販売されているレコードは、ノイズやワールドミュージック(日本のものも含めて)が多く、どれもレアなものばかり。
タルコフスキーの「惑星ソラリス」のサントラのLPなんて、初めて見た。

この日は、前衛的なミュージシャン3組。
ハイライトは、Lisa Busbyによるライブのラストナンバー。
ターンテーブルの針を、極限までギリギリ触れる程度に、「シェルブールの雨傘」のレコードの溝に置いて、一周回転する音をループさせて、その上に自分の声やノイズ、サンプリングした音などを重ねていった、後の、感動のクライマックス。
予測のつかないアイディアとライブパフォーマンスに、会場にいる人たちはみんな、驚き、息をのみ、そして拍手喝采。素晴らしい夜だった。

 

ライブの余韻に浸りながら、小雨の中、ロンドン最後の夜の空気を、全身に染み込ませる。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

曇りがちなロンドンの風景によくマッチする、Suzanne Kraftの”Male Intuition”が収録された、昨年リリースされたLP「Talk From Home」は、どの楽曲も異国感があり、でも、どこか懐かしさもある、やわらかな曲線が美しい、今でもまだよく聴く一枚。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


Suzanne Kraft - Male Intuition

アビー・ロード、ペッカム、ブリクストン|ロンドン -3日目-

f:id:eily:20160531235239j:plain

2016年4月26日、日差しの眩しい火曜日。
午前中は、バスに乗って、あのアビー・ロード(Abbey Road)へ。
 

世界の多くの国は、日本とは違って、すべての道路に名前がついており、その道路の○番地、というのが住所になる。
その名の通り、アビー・ロードという道路の看板を探してうろうろ。
閑静な住宅街の中、やっとたどり着いたアビー・ロード・スタジオAbbey Road Studios)。

f:id:eily:20160531235223j:plain

実は、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」や「未来世紀ブラジル」のサウンドトラックもアビー・ロード・スタジオで録音されたのだけど、周りの壁は、世界中のThe Beatlesのファンによるメッセージでぎっしりと埋め尽くされている。

f:id:eily:20160531235231j:plain

スタジオの前にある、The Beatlesの1969年のアルバム“Abbey Road”のジャケットで有名な横断歩道は、まさかの工事中で半分以上見えない状態だったけど、スタジオの横にあるショップに入り、ポール・マッカートニーの熱狂的なファンであるママへのおみやげ選び。
店内は一貫してポップな雰囲気だけど、奥の方には、ポールが愛用していたヘフナー・500-1のベースと、今年3月に亡くなってしまった、5人目のビートルズとも言われるプロデューサー、ジョージ・マーティンが使用していたアップライトピアノが展示してある。
チョコレートとポストカードを買って、アビー・ロードに、グッバイ

f:id:eily:20160531235824j:plain

 

次は、真逆の南東方面、ペッカム(Peckham)というエリアへ。
ロンドンで最先端な場所、と言えば、東側のイースト・ロンドンと言われている。
そこに比べると、かなり南の方にあるペッカムだが、現地の人曰く、ここ最近、じわじわ人気があがってきてる地域だそう。(しかも日本に帰った後も、知人から同じような話をたまたま聞いた。)
昔は、犯罪の多い治安の悪い場所だったらしいけど、近年は、音楽/芸術系の学校があるのでその学生たちが多く住んだり、新しいお店が少しずつできている。
行きそびれてしまったお店を、ここにメモ。

 

<レコード屋/本屋&カフェバー>
■Rye Wax

www.ryewax.com


<古着屋>
■Bias

SHOP — Bias Boutique

 

<チョコレート屋>
■Melange Chocolate

www.themelange.com

 

<食材屋>
■General Store

www.generalsto.re


<うなぎ料理(イギリスの伝統料理)>
■M.Manze

www.manze.co.uk

 

ロンドンならではの二階建ての赤いバスに乗って、今度は少し南西へ。
友人に薦めてもらった、ブリクストン・ヴィレッジ(Brixton Village)へ足を運ぶ。

f:id:eily:20160531235244j:plain

f:id:eily:20160531235303j:plain

f:id:eily:20160531235251j:plain

brixtonmarket.net


小さなお店が集まる、アーケードのある商店街。
ちょうど、雨が降り出したタイミングだったのでラッキー。
世界各国のレストランやカフェ、ギャラリー、古着屋さん、お花屋さん、雑貨屋さん、電気屋さんなどが並ぶ。

f:id:eily:20160531235308j:plain

海外であまり日本の料理を食べたことがなかったので、お好み焼き屋さんの「おかん」へ。冷えたからだにお味噌汁が染み込む。

ごはんの後は、「KOKOO」というオーガニックのカカオを使ったチョコレート屋さんへ。

f:id:eily:20160531235319j:plain

kokoo

トングを持って、ミントと、ジンジャーと、レモン(だったかな)の3粒のチョコレートを選んで、ご機嫌に鼻歌を歌ってるGrace Jonesみたいな店員さんがいるレジでお会計。
チョコレートを少しずつかじりながら、ブリクストン・ヴィレッジを出る。

 

大通りに出るとH&Mなどの大型店があり、ちょっと小道に入るといわゆる地元の商店街、といった雰囲気が強く、お客さんも若者より年配の方が多くなる。
美容室、ギフトカード専門店、衣装屋さん、そして、CD屋さん、レコード屋さん。
すぐ近くにあるマーケット・ロウ(Market Row)も、アーケードつきの商店街で、おしゃれなお店から魚屋さんまでとてもにぎやか。
街全体がどこか懐かしい感じがするのは、武蔵小山か吉祥寺あたりに似ているからかも。生活に密着している感じ。

f:id:eily:20160531235332j:plain

f:id:eily:20160531235400j:plain

 f:id:eily:20160531235414j:plain

空はまだ明るいけど、もう夕方17時。
夜、私がDJをする会場、The Birds Nestへ向かう。
Time Outの「LOVE LONDON AWARDS」に去年選ばれたパブでもあり、今回、私が行くロンドンのエリアで、一番東に位置する。

www.timeout.com


それにしてもロンドンは、ついつい、向かう途中の建物の壁に描かれている絵に目が奪われてしまう。

f:id:eily:20160531235324j:plain

f:id:eily:20160531235407j:plain

 

会場につくと、店内はすでに多くの人が楽しそうにビールを飲んだり、しゃべったり笑ったりしている。
年齢層はバラバラ、パンキッシュな女の子たちもいれば、ひとりで飲んでるおじさまもいる。
BGMは、UKロックが基本。
手前はパブで、奥はカフェのような雰囲気。

f:id:eily:20160531235422j:plain

f:id:eily:20160531235438j:plain

リハーサルがちょっと押して、夜の19時半くらいからイベントスタート。
日本の楽曲では、坂本龍一の「美貌の青空」、細野晴臣の「Strange Love」、矢野顕子の「TONG POO」をプレイした。

f:id:eily:20160531235443j:plain

絶えずお客さんが出入りしていて、ワインのすすむ楽しい夜。
あっという間に、24時。
友達と未来の話をしながら、終バスで帰宅。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

YMO解散後の後、1984年リリースされた細野晴臣のアルバム「S・F・X」より。
妖しく跳ねるメロディとビートがクセになる、ストレンジ・ラヴ。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


細野晴臣 - Strange Love